苦手意識

英会話とは、英語で会話をすることをいいます。しかし、英語で会話をするためには、英語を聞き取る力のほかに、内容を理解する力、相手の話に対して的確な答えをする力などさまざまな要素が関わってきます。
そのため、英会話力を鍛えるためには、精読・速読の練習、リスニングの練習、英作文の練習などさまざまなトレーニングをすることがあります。

・日本人
日本人は、英語で会話をすることが苦手だといわれます。
海外の学生であれば、大学に進学するころには英語で会話できるだけでなく、英語で講義、議論、プレゼンを行うことも珍しくありません。
しかし、日本の高校までの英語教育では、英語で簡単なコミュニケーションをとることさえ難しいといわれます。
原因には、さまざまなものが指摘されています。
まず、根本的に、英語で会話をするトレーニングを積んだことがないというものです。
これは、学校教育で学ぶ英語が読解や、文法に重点を置いているためというものです。
次に、日本人の恥の文化の影響があるともいわれます。
日本の学校教育では間違いを指摘されることが多いため、それを恥ずかしいと感じる日本人が多くいます。
そのため、英語を発音することや、文法的に間違うことを恐れて会話力が上達しないというものです。
さらに、日本語という言語が母語であるともいわれます。
母音の数や、文法構造、周波数の違いで、日本人には聞き取りづらいためです。

カレンダー
2017年3月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カテゴリー
  • カテゴリーなし